2006年01月10日

新年初釣り(´∀`)

休みと好天がようやくシンクロしました。今朝はこの冬一番の冷え込みになり市街地はカチカチの凍結路、予想気温は-5℃。磯で凍え死ぬんじゃないかと思いましたが、風があまりなかったので体感温度はさほどでもありません。松江市の某地磯に『ミノーで釣る磯スズキ&ジグで狙う期待薄な青物ツアー』に行って参りました(´∀`)同行者はビバロさんと1ccさん

yahooの波予測を見ると0~1m、が磯場に降り立つと結構なうねりが残っています。ほどほどのサラシができて結構な釣り日和なんですが、ときおり与太波がやってきてドッパーン!と目の前を白いカーテンが覆い頭からずぶ濡れです(;´Д`)海面をよく観察して瀬際の潮が引くと次は大波が来るのでリトリーブ中であろうがラインフリーにして逃げ回っていました。釣り場のベテランらしきエサ釣りの人に聞くと、何時間かおきにもっとすごい与太が来るそうでこれには厳重に注意せよとのこと。

ミノーとジグを交互に振りながら初釣りを楽しみました。少しミノーを振って反応がないとジグをしゃくる、シャクリ疲れるとまたミノーに戻るてな感じ(´∀`)8時くらいになると波が徐々に落ちてきて一番大きいサラシに立てるようになってきました。ここを攻めると3投目にゴゴンと当たりが(゚∀゚)キター


a489dc2e.jpg

タモを入れてもらって上がってきたのは72cmのマルスズキでした(´∀`)

このサラシの真ん中でヒット!
479dd88c.jpg

お、1ccさんの竿が曲がっています(・∀・)

88e78c66.jpg

60cm弱のマル、おめでとうございます(´∀`)

2本のマルが吐き出したベイト
165713ce.jpg

キビナゴ、エビ、カニ…磯スズキはこんなのを細々と喰ってるんですなぁ


ショアジギの方はビバロさんに2バイトあったもよう。沖の方で鳥山が立っていたので何かいると思われますが魚種は不明です。初釣りでなんとか結果を出すことができ満足しながら納竿しました(´∀`)   
Posted by at 16:36Comments(5)TrackBack(0)

2006年01月07日

リールのお手入れ-洗浄編

2010/3/28…ボディの二度洗いについて追記しました。
2010/3/30…ステラ、ツインパワーのスプール塩抜きについて追記しました。
-------------------------------------------------------------------

あいかわらずの天気でございますです。なんでも良いから釣りに行きたいのですが休みと好天がシンクロしません。はぁぁぁぁ(´Å`)

さて、以前リールの注油について書くと言いましたがその前に釣行後のリールの手入れについて書きます。最初にお断りしておきますが、ここで紹介するのは私がやっていることでこれが正解ということではありません。もっと良い方法とか間違ったことを記述していましたらコメントからご指摘頂ければ幸いです。


ラインローラー付近を中心にして水を軽くかける

c1119368.jpg


ウォッシャブルと謳ってないリールに水をぶっかけるのは賛否両論あると思います。水を掛けてはダメという理由は『機関内部に浸水する』『表面の塩分が隙間の奥に入り込んでしまう』ということなんでしょうが、少々水をかけたくらいで浸水したら雨の日には使えない、部品の隙間に入り込んでしまった塩分は洗い流さないととれないと考えての所行です。

ただ、次の事には気をつけてください。
・スプールが一番引っ込んだ状態にしておく。
・ボディハンドル側が下向きになるよう傾ける。
・ボディよりスプールが上になるよう傾ける。
・過分な水圧が掛からないようにする。

長時間掛けないようさっと5秒くらいでOK。ボディは飛沫で濡れるくらいの感じで良いです。アルテグラ等のハンドルの反対側のキャップが供回りするタイプはここからも浸水しますので特に気をつけてください。

4296007a.jpg


左ハンドルだとこのネジ部分に十分に水を掛けることができません。特にマグネシウムボディは点掛けするとか濡れタオルでよく拭くとかしてください。

------------------------------------------------------------------
■2010/3/28追記■
この水を掛けるという作業を時間を置いて二度します。

一度目は全体を濡らすという作業
時間を置くと塩が溶け出します。
二度目は溶けて塩水になったのを洗い流すという作業です。

こうすることによってラインローラーとかアームカムの隙間に入り込んだ塩も洗い流すことができます。

------------------------------------------------------------------


スプールをはずして全体を拭く→ハンドルを勢いよく回して水を切る。

a783dd8f.jpg


固く絞った濡れタオルで全体を拭いてください。そのあとはまぁ、見ての通りです。ダブルハンドルなんでいつまでも回ってます(笑)ラインローラーとかアームカムの隙間の水を飛ばしてやります。


ラインの塩抜き

a8a4cf01.jpg


シマノのスプールは電解腐食を起こしやすいので釣行毎に塩抜きすることを強くお奨めします。本当は流水の中に浸けて放置するのが一番なんでしょうが、STELLA、Twinpower、05BIOMASTER/typeSはスプールの中にベアリングが入っているので絶対にドラグ部に水を入れないでください。その他の機種もドラググリスが水と混ざると白濁して本来の性能を発揮しなくなります。完全に塩抜きできませんが、両掌で両端を挟んで防水をするこの方法が一番簡単かと思います。

この作業を、時間を空けて何回か繰り返します。PEは撚り線なので時間が経つと撚りの間から塩が出てくるからです。『そんな暇ねぇ~よ!』なんて言わないでくださいね。いくらでもすることあるでしょ、リール拭いたり、ルアー洗ったりロッド洗ったり、その合間合間にこの作業を挟んでください。

---------------------------------------------------------------------
■2010/03/30追記■

ステラ、ツインパワーなどスプールに穴の開いたタイプの場合


wash100330


ドラグ側を手のひらで押さえて、画像のような角度から水を当ててください。こうすればドラグ部内部に浸水することはありません。

---------------------------------------------------------------------



終了

風通しの良いところに置いて乾燥させます。と言いつつ、σ(^^;)はさっさとリール袋に入れちゃいますが…


では次回は注油について…   
Posted by at 08:10Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月04日

謹賀新年

 
あけましておめでとうございます。


旧年中はtapの釣り日記をご愛読いただきまことにありがとうございました。本年もよろしくおねがいします。

すっかりご無沙汰してしまいました。また遅い年始の挨拶ですいません。大晦日から元旦にかけて腸感冒を患いたいへんな年明けを迎えてしまいました(;´Д`)釣りをするようになってから寒さに対する耐性ができたのかほとんど風邪をひかなくなったのですが、私事が色々あってこのところ釣りにあまり行ってなかったのと前日牡蠣を食したところ上下ツーツーになってしまいました。牡蠣にあたったんじゃないか?と思われるでしょうが、どうも疲れているときに生牡蠣を食べるとこれが触媒?になって腸感冒を発症させるようです。20年前に本場広島で親父と一緒に生牡蠣を食べて二人ともゲロゲロピーピー、大あわてで病院に行くと二人とも別々の病院で『腸感冒です』と診断されました。遺伝は偉大です(笑)

今はすっかりよくなりましたが、まだ屁をするのもこわごわの状態(´Å`)


天候が不順でなかなか釣りに出かけられませんですね…と言いますか、まさに冬…根魚をしないσ(^^;)には釣り物がないです。まだ1月中はあれとかこれとか行きたいところ釣りたい物はあるのですが、2月になったら冬眠状態になりそうです。3月の末までおねんねかも(;´Д`)できるかぎり雑ネタでお茶を濁しながらでも更新しますのでたまにで良いですからチェックしてみてください。

645b637f.jpg

今年もみなさまが爆釣の年でありますように(´∀`)
  
Posted by at 08:59Comments(5)TrackBack(0)