2006年02月13日

安物リールを語る-第2章

 美しいほどの満月と星空です。海は絶好のメバル凪なんでしょうか?オリムピックを見たいと理由を付けて家でマターリしています。釣りに行く気がないんかいバキッ!!☆/(x_x)

先日の02ベールと05AlivioのC3000スプールをまとった05AERNOS XTですが、実釣試験に行ってきました。ラインローラーの位置が変わるのかスプール座金を抜かないと順テーパーになってしまいます。デフォルト3枚のうち2枚抜いてようやくストレートに巻けるようになりました。ナイロンの3号でこれですから1号あたりを巻くとなると、最悪もう一枚…スプール座金0枚の状態にしないといけないかもしれません。追試をしてまた報告します。

少し馴染んできて巻き心地も多少良くなってきたのですが、いかんせんカタログ値290gは重すぎです。根魚のライトタックルにはちょっと辛い感じ。諸悪の根源は60g近いハンドル。ライトタックルに使われる向きの方は05AERNOS XT候補からはずされた方が良いと思います。

なんかあまりかまえる所もなかったし今回の買い物は不完全燃焼でした。やはり最廉価モデルを買ってあちこちいやらしくおさわりした方が楽しいですよね(´Å`)

ca4082f4.jpg

で、正真正銘のワゴンリール 05Alivio2000



?2806,-で購入しました。このリール、シマノで一番安いモデルなんですが機会があったらぜひ一度触ってみてください。ベール周りとかハンドルとか全体的に安っぽい感じは否めませんが、巻き心地なんかワゴンリールの域を超越しています( ゚Д゚)ワゴンの前でくるくる回していると不思議とこれで十分なんじゃないと思えてきます(笑)ネットで集めた情報によると

Alivioを買って後悔した人は居ない…らしい(爆)


オリムピックを見ながらあちこちいやらしくおさわりしてみます(´Å`)


Posted by at 23:05│Comments(0)TrackBack(0)リール 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angler_tap/51407872

コメントする

名前
URL
 
  絵文字