2007年05月02日

大橋川西風アナハゼ理論

  ↑ 5/3タイトル変更しました(笑)


去る4月25日朝から夕方まで山陰地方は西の強風が吹きました。その日の夜と翌日の夜、寝不足の面々が結構な釣果を出しています。これについてブログで『西風が吹くと風波で宍道湖東岸が底荒れして下げ潮とともに大橋川に濁りが入る』→(゚∀゚)ウマー と書いたのですが、島根県水産技術センター内水面浅海部 宍道湖流入・流出水質情報を見ていたらそれ以外の要因も考えつきましたので今回はその考察です。


該当日の大橋川の塩分濃度と溶存酸素の時系列変化と釣果をまとめてみました。上げ下げの流速データーグラフもあれば良いのです残念ながら観測機器調整中でありません。上げ下げについては上層塩分濃度(グラフ上-青線)とほぼ一致していると見て間違いないと思います。塩分上昇時が上げ、下降時が下げです。

350b039e.jpg


西の強風が吹き始めてから下層の塩分濃度(赤線)がぐんぐん上昇していき下層はほぼ海水並の塩分濃度(海水は35PSU)がほぼ一日続いています。それに反比例するかのように下層の溶存酸素量は下降していきます。

西風が吹くとなぜこのようになるかは島根県水産技術センター内水面浅海部の宍道湖・中海の湖底貧酸素化現象についてを参照してください。時間のある方、興味を持たれた方はぜひ一般向け解説: 宍道湖・中海の湖底貧酸素化現象についてをご覧になって下さい。


で、ワタシの出した推察は至って単純なものです。中海から貧酸素水が流入するとそれを嫌ってベイトが浮く、もちろんシーバスも浮く…(゚∀゚)キター

 それとも爆釣は単なる偶然?

Posted by at 03:18│Comments(9)TrackBack(0)シーバス 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/angler_tap/51408005
この記事へのコメント
スズキが海に帰るのは、ア ナ タ ノ コ ト ガー ス キ ダ カ ラー
Posted by ぬ at 2007年05月03日 20:51
………………………………………………………………………………
この理論で後一つクリアしなければならない課題はなぜ秋に西風でスズキが中海に落ちていくかですよね(´ω`)
冬が近づき水温が下がり貧酸素水塊が消滅

潮位も下がってきて西風が宍道湖の塩分濃度下げるのの後押しするから?
秋のデータみなきゃわかりませんかいね
Posted by ウラ at 2007年05月03日 17:30
………………………………………………………………………………
ウラ> 寝不足の連中は昼に出ないので(笑)検証されてないのが残念ですが、このグラフの感じならもしかしたら昼もシャロー域で爆があったかもしれませんね。
CPSさん> 話題の中心は、レ○ジー、ワ○ダーでかすりもしないのになぜブル○コだと釣れるのか?だったんじゃないですか??(笑)
Posted by tap at 2007年05月03日 16:08
………………………………………………………………………………
うーん、そこまで考えていたんですね。なにか理由はあるとは、ビバロ邸でスズキ食べながら話してはいましたが 今日からタップ博士とよばしていただきますわ(?ー+?)フッ
Posted by 最近はCPS86 at 2007年05月03日 15:28
………………………………………………………………………………
たしかに貧酸素水塊のはい上がりは風によって起きる上に風上で起こりますからね。
西風だと貧酸素水塊がはい上がるのは中海西岸(大橋川下流部)になります。
東風は何故釣れないかとの理由もここにあるのかもしれませんね
魚が浮き上がる他に中海西岸のベイトやスズキが非難してくるのかもしれませんね(´ω`)
スゲーTapさんここまで考えてなかった。
Posted by ウラ at 2007年05月03日 07:19
………………………………………………………………………………
Chem.さん> そに先生に褒められて僕、なんか複雑な気分です(´・ω・`)
これを大橋川西風アナハゼ理論と銘々したいと思いますがイカがでしょうか?
ミスター> だから、91は口にスレ掛かったんですって!いつかはアリビオでメタオバスレ掛けてみせます(´Å`)
Posted by tap at 2007年05月03日 01:51
………………………………………………………………………………
「大橋Tap教」?
僕も入ってイイデスカ??
コノブンセキオオイニサンコウニナリマシタ。コチラデモナニカツカエソウデス。サスガダテニ91がマグレデナイコトマチガイナシ、、メタオバ、、カウントダウンハジマリマシタネ!ジツゲンニムケテガンバッテクダサイ、キタイシテマス。。
Posted by ミスター at 2007年05月02日 20:35
………………………………………………………………………………
釣り場に溶存酸素測定キット持っていきましょう!
てか、そに師に誉められて良かったですね。
Posted by Chem. at 2007年05月02日 17:24
………………………………………………………………………………
おお!貧酸素域のことは私も文献で読んで勉強したことがあります(意外でしょ?)。
Tap論は、結構良いトコロついてると感じますが…
これが証明され定説化すればTapさんの凄さが益々響きわたり「大橋Tap教」設立となることまちがいなし!
Posted by そに at 2007年05月02日 14:37
………………………………………………………………………………

コメントする

名前
URL
 
  絵文字